未分類

裏妙義縦走 ガイドレポート

2020年11月10日、西上州の裏妙義の縦走ガイドをしてきました。
今年は紅葉の当たり年です。現在およそ標高600~900mぐらいが紅葉の見ごろを迎えています。

鮮やかな色彩。

●行程➡
旧国民宿舎8:50—11:40丁須の頭12:00—20mチムニー—赤岩—烏帽子岩—14:30三方境—15:50旧国民宿舎

篭沢(こもりさわ)は水が涸れており、岩も乾いていてとても歩きやすい。上半部から鎖が出てくる。特に危ない所はないが、足を慎重に動かして滑らないように登る。

丁須の頭ではハンマーの直下まで登って休憩をとった。ハンマーにも鎖がついているが、ここは完全に垂直。登る方は降りるときのこともよくイメージしてから登ってください。

それからしばらくして20mチムニーを、ロワーダウンにて下る。昨年事故があったところなので慎重に下る。

赤岩・烏帽子岩とも大岩峰だが、登山道は崖の中腹を迂回するようについている。

鎖が張り巡らされているので、それに中間支点をセットしながらロープをつないで同時行動。

窓岩を越え、三方境にてクライミング装備を解除。

そこからは長い緩やかな下りが、旧国民宿舎まで続く。

●総括
このルートはクライミング技術のない方でも、ガイドや経験豊富なリーダーと一緒であれば十分楽しめます。ただしヘルメットやソールの摩擦に優れた「アプローチシューズ」は必携品!! ハイキングシューズや登山靴で行くと滑りやすいです。アプローチシューズが絶対おすすめ。

20mチムニーの通過は、我々はロワーダウン技術を使いました。ロープを持っていくならここで迷わず懸垂下降することをお勧めします。垂直の鎖場で昨年に重大事故が起きています。くれぐれもご慎重に。

チムニーの鎖場の後は、ただひたすら水平な道をくさりを持ちながらトラバースが続きます。ここでは10m~20mほどロープの間隔をあけ、時々カラビナやクイックドローを鎖にセットして、そこに中間支点をかけながら進みました。ただロープをつないで中間支点をセットしないで行動するのは危ないので避けましょう。必ず2~3コ個の中間支点をセットすることが望ましいです。

●持ち物

50mロープ1本、クイックドロー5本、ハーネス、ヘルメット、カラビナ、ビバーク用具、救急キットなど。
※20mチムニーのことを考えれば、40mロープが1本あれば問題ない。

●登山口
旧国民宿舎に無料駐車場とトイレあり。車上荒らしにご注意を!!

2020年 谷川岳 一ノ倉沢テールリッジのルート整備

2020年10月3~4日にかけて、所属のAGS-J(日本アルパインガイド協会)のメンバーで、一ノ倉沢の出合からテールリッジにかけてのルート整備を行いました。

今回の整備で、出合からのアプローチは沢通しに行けるようになりました。

出だし。

水量がとても少なかったです。

そして色んなボルダーを発見。名付けて「一ノ倉ボルダーエリア」

これは従来の道➡従来の道をいかず、ヒョングリの滝を登れるようフィックスロープをセットしました。
本日の一ノ倉沢上部。もやもやしている。

チョックストーンの箇所 ここの足場はものすごくヌルヌルして滑るのでご注意!!

大きなスラブ滝にもロープセット。

テールリッジにもある限りのロープを投入してフィックス。

中央稜も途中まで登りました。

3ピッチ終了点まで登り、そのビレイポイントを、新しいハンガーボルトにて工作。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

※この度フィックスロープを新規設置しました。しかしこれらは安全を100%保証するものではありません。落石などでボルトやロープ、スリングが破損してしまうこともあり得ます。心配なときは迷わずご自身のロープで確保しあって通過してください。よろしくお願いします。

太刀岡山左岩稜 ガイドレポート

2020年9月29日(火)
1名のお客様を、左岩稜へガイドしてきました。
クラックから始まる1ピッチ目。出だしは少し傾斜の強いフェイス登り。
そして大きなテラスからいよいよ綺麗なハンドクラックの始まりです。

カムサイズは#2~4。ほぼ直上するクラックでクセはないのですが、朝一での5.9クラックは身体が柔らかくなっていないので、少々緊張気味。

クラックの上にはこれまた広いテラスがあり、ステンレスボルトが2本打ってあります。

そして2ピッチ目は凹角の奥にフィンガークラックが見えます。ビレイポイントからは隠れて見えないのですが、フィンガークラックのすぐ左には半身が入るワイドクラックが縦に走っています。これとフィンガークラックを併用しながら登っていきます。

3ピッチ目は短いハンドクラックから石門のようなワイドクラックへ。
クラック初めての方にはここが一番辛いのではないでしょうか。

私のお客様は5.10cを登れる実力がありますが、クラックは本日が初めて。なので私は目の前のワイドクラックを直上せず、ワイドクラックの中をずりずりと通過して壁に行き当たったところでピッチを切りました。お尻がスタックしてしばらくもがきましたけど笑。

そして3ピッチ目の後半はバック&フットやハンドジャミングなどのコーディネイションを駆使してこれまたボルトが2本打ってあるビレイポイントへ。

4ピッチ目はとても易しいピッチです。少しスラブを登った後、10mほどの土歩き。

5ピッチ目、いよいよ高度感と露出感が顕になってきました。ところどころに残置ボルトや残置ピトンが残っています。またカムが使える所も散見されました。

5ピッチ目の終了点は残置ピトンとリングボルトのあるところでピッチを切りました。この10m上にはステンレスハンガーボルトがありますが、ロープの流れを考慮して手前でピッチを切ることにしました。

6ピッチ目は最高にスリルのあるナイフエッジを行きます。露出感はすごいですが、手足ともにホールドがしっかりしているので問題なし。

7ピッチ目もとても気持ちの良いナイフエッジ登り。

8ピッチ目はほぼ歩きで、最後のハサミ岩の間に到着します。ここにはいにしえの祠が祀ってありました。

9ピッチ目、左側の岩塔のスラブを登ります。短いですがホールド・スタンスは非常に細かくやや難しいです。

そしてピッチの最後はハサミ岩の頂上に立ちます。眼下には芦沢の集落が見下ろせて、とても心地よい時間です。

終了点からは15mの懸垂下降で、登山道の通る広場へ降り立ちました。

そこですべての装備を外して、登山道を下ります。クライマーの足なら20分で駐車場へ到着です。

晴れマークの天気予報でしたが終日曇りで、クライミングにはちょうど良い気温でした。長袖シャツでちょうどよい気温。

この日は平日でしたが我々を含めて3グループがこのルートを登っていました。

あと3週間ほどもすれば、紅葉を見下ろしながらの素敵なクライミングができるでしょう。

★使用ギア
キャメロット♯0.3~4 1セット
クイックドロー5本
スリング 60㎝×2、120㎝×2、180㎝×1、240㎝×1
ロープ シングル8.6㎜×50m
カラビナ多数

11月・12月の講習会・公募ガイド スケジュール[11月18日改正版]

いよいよ冬の声が遠くに聞こえてきました。雪山登山企画も暖かな岩場でのクライミング講習会もご用意してお待ちしております。

◆カーネルロック(青梅市)クライミング講習会

都内からのアクセスも便利な青梅市日向和田の、ポカポカエリアで岩登り!! 小規模ながら内容の濃いルートがあります。5.9のルートはホールドが持ちやすく、入門の方にもチャレンジしがいのあるルートです。

●日程 11月4日(水)【募集終了】
   12月8日(火) 〔締切:12月5日〕【募集中!!】
●対象となる方:初めての方からご参加可能です
●受講料:¥10,000

●諸経費
・保険料:¥1,000(岩登りがカバーされている保険に加入されている方は除外)
・お客様ご自身の現地までの交通費
・岩場の入場料:¥500(現地でポストにご入金ください)
・レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
●定員:4名
●最少催行人数:1名
●集合解散:JR青梅線 福生駅 または 現地「Rose Town」駐車場

◆湯河原幕岩クライミング講習会

冬とは思えないポカポカの岩場。ルートが多数あり、入門者から中級者まで楽しめるエリアです。

●日程 11月30日(月) 〔締切:11月27日〕【残1名】
    12月15日(火) 〔締切:12月12日〕【残2名】
●対象となる方:初めての方からご参加可能です。
●受講料:¥12,000

●諸経費
・ガイド経費:¥3,000
・保険料:¥1,000(岩登りがカバーされている保険に加入されている方は除外)
・お客様ご自身の現地までの交通費
・レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
●定員:各日程 4名
●最少催行人数:1名
●集合解散:JR東海道線 湯河原駅 または幕山公園管理棟前

◆インドア講習会 ベースキャンプ入間店

初心者向けのルートが多数用意されている大規模クライミングジム、ベースキャンプにて、2.5時間のクライミング講習を行います。ビレイやロワーダウンといった技術もしっかりと学べます。前半コースと後半コースをご用意しました。

●日程 12月16日(水) 〔12月13日〕【募集中!!】前半12:30~15:00  後半16:00~18:30
●対象となる方:初めての方からご参加可能です
●受講料 ¥6,500
●諸経費
 ・保険料:¥1,000(岩登りがカバーされいている保険に加入されている方は除外)
 ・お客様ご自身の現地までの交通費
 ・クライミングジム登録料・使用料 詳細はコチラをご覧下さい
ベースキャンプ入間 利用料金ページ

●定員:各時間帯4名
●最少催行人数:各時間帯1名
●締切日:3日前まで
●集合解散:西武池袋線 武蔵藤沢駅 または ベースキャンプ入間 入口前

◆裏妙義 縦走 日程追加しました

岩と鎖が連続するエキサイティングな縦走コースです。ロープで確保しながら縦走します。クライミングの経験がなくても、岩山登りが好きな方にはお勧めです。

●日程 11月10日(火) 〔締切:11月8日〕【募集終了】
     11月17 日(火)   〔締切:11月15日〕【募集終了】 〔追加日程〕
●対象となる方:登山経験のある方、岩登りが好きな方
●ガイド料:¥32,000
●諸経費
・ガイド交通費¥5,000

 ・保険料:¥1,000(岩登りがカバーされいている保険に加入されている方は除外)
 ・お客様ご自身の現地までの交通費
 ・レンタル品(ヘルメット・ハーネス)各¥500
・定員:3名
・最少催行人数:1名
・集合解散:信越本線 横川駅 または 旧国民宿舎裏妙義

◆クライミング入門講習会 広沢寺弁天岩

広沢寺の岩場は、古くから山へクライミングをしに行く人たちの練習の場として栄えてきました。岩の高さはおよそ70mに及ぶ迫力のある壁ですが、下半部は傾斜が緩く、クライミング入門の方のデビューにはとても良い環境です。専用のクライミングシューズを履いて登ります。またビレイ(確保)の練習も行います。

●日程 12月1日(火) 〔締切:11月28日〕【募集中!!】
●受講料 ¥12,000
●諸経費
・ガイド経費 ¥1,500
・保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせください)
・道具レンタル料(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ:各¥500)
●対象となる方:初めての方からご参加可能です
●定員:4名
●最少催行人数:1名
●集合解散:小田急本厚木駅 または 広沢寺前駐車場

初めてのアイゼン登山 八ヶ岳赤岳・硫黄岳登頂

八ヶ岳の盟主、赤岳2899m。冬こそ登りたい山です。稜線から眺める富士山や南アルプス。言葉に表しがたい荘厳な景色をバックに登る喜びを味わいましょう。初日は歩きやすい硫黄岳に登頂します。

●日程 12月21日(月)~22日(火) 〔締切:12月4日〕【募集中!!】
●ガイド料 ¥45,000

●諸経費
・ガイド経費:¥9,500
・保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせください)
・お客様の現地までの交通費および山小屋宿泊費
・道具レンタル料(ヘルメット・ハーネス・ピッケル・アイゼン:各¥500)
●対象となる方:雪山を始めたい方で、必要なウェア類が揃えられる方●定員:3名
●最少催行人数:1名
●集合解散:JR中央本線 小淵沢駅 または八ヶ岳山荘前

8月の講習会・公募ガイド スケジュール

関東の梅雨明けはあと2週間くらいでしょうか。夏が待ち遠しいです。
8月は上旬に屋内クライミング講習、下旬に廻り目平や甲府幕岩周辺での講習会、およびガイドを企画しました。皆様のご参加をお待ちしております。

◆屋内2.5時間クライミング講習会 ベースキャンプ入間店

初心者向けのルートも多数用意されている、大規模クライミングジム、ベースキャンプにて、2.5時間のクライミング講習を行います。ビレイやロワーダウンといった技術もしっかりと学べます。前半コースと後半コースをご用意しました。

・日程
8月5日(水)【募集終了】前半12:30~15:00  後半16:00~18:30
・対象となる方:クライミング初めての方~5.10台を登れる方
・受講料:¥6,500
・諸経費:保険料:¥1,000(岩登りがカバーされいている保険に加入されている方は除外)
     各自現地までの交通費
     クライミングジム登録料・使用料 詳細はコチラをご覧下さい➡ベースキャンプ入間 利用料金ページ
・定員:各時間帯4名
・最少催行人数:各時間帯1名
・締切日:7月30日(木)
・集合解散:ベースキャンプ入間 入口前

◆クラッククライミング 入門講習会 小川山

クラッククライミングを覚えておくと、より多くのマルチピッチルートを楽しめるようになります。テーピングの巻き方、ハンドジャミングとフットジャミングの方法とコツなど、基礎的なことを学んだ後、トップロープで実際にクラックを登ってみましょう!

・日程
 8月31日(月) 【募集終了】

・対象となる方:クライミング経験1回以上、クラックに興味のある方で、まだ登ったことのない方。
・受講料:¥14,000
・諸経費:ガイド交通費¥4,000
     保険料:¥1,000(岩登りがカバーされいている保険に加入されている方は除外)
     各自現地までの交通費
     レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
・定員:4名
・最少催行人数:2名
・締切日:8月25日(火)
・集合解散:JR中央本線小淵沢駅 または現地「金峰山荘前」

◆甲府幕岩クライミング講習会

駐車場から至近の岩場。土日は大変混雑するエリアですので、平日に行って自分たちのペースで練習します。およそ標高1,000mの高原にあるので、夏でも爽やかな風の中、クライミングを楽しめます。

・日程
 8月26日(水) 【募集終了】

・対象となる方:クライミング経験1回以上の方
・受講料:¥14,000
・諸経費:ガイド交通費¥4,000
     保険料:¥1,000(岩登りがカバーされいている保険に加入されている方は除外)
     各自現地までの交通費
     レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
・定員:4名
・最少催行人数:2名
・締切日:8月19日(水)
・集合解散:JR中央本線韮崎駅 または「みずがき湖ビジターセンター駐車場」

◆天狗山ダイレクト(マルチピッチ入門)

新しいマルチピッチルートに挑戦!

日程 8月27日(木) 【募集終了】
対象となる方:クライミング経験 5.7~5.8以上を登れる方
ガイド料:¥22,000

諸経費
ガイド経費:¥4,000
保険料:¥1,000(岩登りがカバーされている保険に加入されている方は除外)
各自現地までの交通費
レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
定員:2名
最少催行人数:1名
締切:8月21日(金)
集合解散:JR中央本線 小淵沢駅 または「馬越峠 天狗山登山口駐車スペース」

 

◆烏帽子岩左稜線

素晴らしい高度感と、入門向けクラックが部分的にある、充実の1本!!

日程 8月28日(金) 【残り1名】
対象となる方:クライミング経験3回以上 5.9をスムースに登れる方
ガイド料:¥22,000

諸経費
ガイド経費:¥4,000
保険料:¥1,000(岩登りがカバーされている保険に加入されている方は除外)
各自現地までの交通費
レンタル品(ヘルメット・ハーネス・専用シューズ)各¥500
定員:2名
最少催行人数:1名
締切:8月21日(金)
集合解散:JR中央本線 小淵沢駅 または「金峰山荘前」

 

[アルピニスト養成アカデミー] 受講者追加募集のお知らせ

アルピニスト養成アカデミーでは、受講者の追加募集を実施しています!!

当アカデミーは、【アルパインクライミング】【バリエーションルート】を登る技術を学べるスクールです。
他のスクールではなかなか習得することが難しい、クライミング技術の基礎から応用までを学習します。

例えばフリークライミングでは、ある程度の基礎練習を積んだのち、リードができるようにトレーニングを進めていきます。そしてフリークライミングのショートルートの練習や、マルチピッチの練習を通して総合的なクライミング能力を高めていきます。

またレスキュー訓練も定期的に実施しており、自分達の力で山へ入り、安全に戻ってくるスキルを学習します。

講師はアルパインクライミングやフリークライミング、沢登りの経験が豊富なガイド、山田が担当します。
研修では、実践で多用する技術を主にレクチャーしています。

活動日は主に週末です。(補講として平日を設定することも時々あります)
四季を通して、本当に登れるクライマーを養成しています。

まずは活動状況をご覧頂くために、体験講習にいらしてください。➤体験講習は随時受付中!(無料:保険料のみかかります)
そしてご自身に合いそうだと思ったら、是非ご入会してください。

詳細は下記のページをご覧下さい。皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。
アルピニスト養成アカデミー特設ページ

雪山入門講習会 全4回のご案内 【スポット参加OK】 今年こそは雪山に登ろう!

【募集中】

雪山登山をはじめたい! でもどうすれば・・・

そんな雪山デビューをお考えのあなたに!!

雪山入門者の為のステップアップ講座を開催します!!
ピッケルやアイゼンの選び方・服装の選び方・装着方法・使い方・・・そのような分からないことだらけを、全4回の講座で解決します。はじめは易しい山にチャレンジ。すこしずつルートのレベルを上げていき、正確なアイゼンとピッケルのコンビネーション技を身につけます。そして最終回では、ゴールデンウィーク後の絶好のコンディションの時期に、奥穂高岳に登頂します。夏の奥穂高岳に登ったこともある方も、雪と岩で覆われた奥穂高岳に登ることは格別の感がありますよ!

概要


雪山って怖いんでしょ? でも綺麗なんでしょ? そんな思いを抱きながらいまだ雪山に踏み出せていないかた、いませんか? 今シーズンこそ、一緒に一から学んでステップアップしてみませんか?
経験豊富なガイドが講師を務め、みなさんの冬山デビューをサポートします。すべての回を小屋泊まりに設定しました。行動中は寒いですが、夜はポカポカの山小屋で語らいのひと時。
全4回の講座を受ければ、最終回が終わるころにはピッケルやアイゼンの使い方もマスターしています。全て自分で装着・調整・メンテナンスができるように指導します。

カリキュラム


①谷川岳での雪上訓練および登頂(宿泊施設泊:土合山の家)
装備着用方法・歩行技術・滑落停止・凍傷予防対策など
②八ヶ岳での研修1(赤岳鉱泉泊) 登頂実践赤岳・阿弥陀岳登頂
③八ヶ岳での研修2(赤岳鉱泉泊) 縦走:赤岳~横岳~硫黄岳
④穂高での研修(涸沢小屋泊) 奥穂高岳登頂

スポット受講も可能です!!

日程


【締切】①雪上訓練  2月26日(水)~27日(木) 群馬県谷川岳
【締切】②八ヶ岳 3月25日(水)~26日(木) 長野県南八ヶ岳
【中止】③八ヶ岳 4月14日(火)~15日(水) 長野県南八ヶ岳
【募集中】④奥穂高岳 5月18(月)~20(水) 長野県穂高連峰

スポット受講も可能です!!

参加条件


・雪山装備を揃えられる方(アイテムによってはレンタルも若干ございます。ご相談ください)
・雪山に興味のある方
・雪山登山をカバーする山岳保険に加入可能な方(未加入の方はご相談ください)

受講料金


①¥35,000
②¥35,000
③¥35,000
④¥55,000

※上記受講料の他に、各自の交通費・宿泊代・食事代・ガイド経費がかかります。

定員


8名 先着順  ※人数に応じて、アシスタントガイドが付きます。

最小催行人数


2名

申込方法


ホームページのお問合せフォームより、「雪山入門講座受講希望」とご記入の上お送りください。
その後詳細案内要項をお送りします。

ご不明な点は気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月の講習会スケジュールです。(10月31日改訂)

師走。皆様お忙しいとは思いますが、岩が絶好のコンディションで皆様を待ってますよ!
12月は平日2回のクライミング講習会を予定しております。
初めての方から、中級ぐらいまでの方にステップアップして頂ける内容です。
皆さまからのご応募お待ちしております!!


【終了】
★12月12日(木) クライミング講習会@青梅カーネルロック

都内からのアクセスも割と楽な、青梅市日向和田にある、石灰岩の岩場です。
5.9、5.10a、5.10cなどがあり、その中でも5.10aのルートはとても登りがいのある面白いルートです。南向きの岩場なので、ポカポカの中登ることができます。
●受講料 ¥14,000
●保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせ下さい)
●道具レンタル料 (ヘルメット・ハーネス・専用シューズ:各¥500)
●岩場入場料 ¥500
●対象となる方 クライミング経験1回以上の入門者~5.10cぐらいの方
●定員 4名
●最少催行人数 1名

 

【残2名】
★12月19日(木) クライミング講習会@湯河原幕岩

ぽかぽかとあたたかい岩場です。とても易しいルートから中級者向けのルートまで多彩な表情をもつ素敵な場所です。寒いのが苦手な方は、Tシャツでも過ごせる湯河原に集合!!です。
●受講料 ¥14,000
●保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせ下さい)
●道具レンタル料 (ヘルメット・ハーネス・専用シューズ:各¥500)
●ガイド経費 ¥8,300を人数割り
●対象となる方 入門者(クライミング初めて)~5.10cぐらいの方
●定員 4名
●最少催行人数 1名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンベルアウトドアチャレンジ 『登山に役立つ岩登り』広沢寺

1月22日は広沢寺弁天岩にて、モンベルアウトドアチャレンジ(MOC)の講師を担当しました。
テーマは『登山に役立つ岩登り』です。各自が普段履いている登山靴で、通常の登山道よりも難しい所を登り下りしてみて、靴への信頼性を高めるとともに、岩場で落ち着いて行動できるようにトレーニングするのが狙いです。

この日は受講者は2名だったためかなりの本数を登って頂く事ができました。トップロープにしたうえで、登りに慣れて来た所でクライムダウン:岩を手と足を使っておりること、にもチャレンジ。
傾斜があり、大きく迫力のある岩壁も、よくよく観察すると、手掛かり・足掛かりがしっかりとあります。これらをよく見て、登り下り。

腕が張ってきたところで、固定ロープの通過方法や、キャンプや山で役立つロープ・スリングの使い方をレクチャーしました。

そして最後にダメ押しのクライム&ダウン。お一人当たり7本ぐらい登り下りをして頂きました。大変お疲れ様でした。

アルピニスト養成アカデミー 赤岳天狗尾根敗退行

2019年1月19日~20日
アルピニスト養成アカデミー一行は、前年度に悪天により敗退した、赤岳天狗尾根のリベンジを果たすべく、北杜市の美し森展望台駐車場に集合しました。
テントは持っていますが、今回は小屋が空いていたら、出合小屋に泊まる予定で出発です。

 

美し森展望台駐車場から出合小屋までの道のりは、2018年の台風の影響なのか、かなり色んな所で土砂が流され、歩きにくくなっています。それでも地元の山岳会の方のおかげか、道路の修復がなされています。

雪が全然ありません。
これがかえって歩きにくいのです。
ゆっくり歩いて3時間ほどで、出合小屋に到着です。
小屋には誰もいませんでした。

ストーブで日本酒熱燗!!

早速ストーブに焚き木をくべて、暖を取ります。
この日は半日ストーブと語り合いをして、午後6時過ぎには就寝。

翌朝2時に起きました。風が割と強くなっていました。
3時半に出合小屋を出発。
雪が少ないので、ワカンは持って行かず最初からアイゼン装着です。

核心部に日の出の頃に到着するよう目論んで登って行きました。

夜間アプローチ中

午前6時半ころに、林間から岩稜帯にでました。その途端猛烈な南西風が襲ってきました。いやーこれはたまらん。雪も降っていて視界はほとんど利きません。風だけならまだしも吹雪はなかなか顔が痛いです。

昨年はここでおなじような横殴りの吹雪に回れ右をしました。今年はどうしようか…と考えながら、もう少し岩稜帯をトラバースしていきました。

いよいよⅢ級の岩場が出てきたところで一休み。雪の嵐はいよいよひどくなり、色々考えあぐねましたが(30秒ほど)撤退することにしました。ここで最新の気象情報を入手したところ、赤岳の頂上付近では秒速30mほどの風が吹いているとの事。この場所でさえまずい状況なのに、竜頭峰からツルネまで主稜線を歩かねばならいことを考えると、撤退しか考えられませんでした。

撤退開始

みんな悔しがっていましたが、無事に帰ってこそ次の山があります。下りは樹林帯にはいったらかなり風雪がおだやかになり、歩きやすくなりました。

ほどなくして小屋に戻りました。デポしておいた荷物を回収し、駐車場へ向けて重荷を背負って帰りました。
この頃には山の下部でも雪が降っており、前日の足跡は消えかかっていました。ようやく八ヶ岳にも冬がきたようです。