雪山登山

1月開講 目指せ冬富士!!プロジェクトのご案内

岳人憧れの冬の富士山。カチカチのアイスバーンに強風。それだけで恐れおののくには十分の触れ込みですが、ここを確実なガイド技術で、お客様の安全を確保し、一緒に登頂します。4日間の八ヶ岳トレーニングをしたのち、3月上旬の、天気がマイルドになってくる頃合いに頂上アタックをします。憧れの冬富士に、私と一緒に登ってみませんか?

★実施概要

◆参加資格 年齢制限はありません。冬山の道具をお持ちの方、またはこれから揃えることのできる方。
◆定員 先着2名【残1名】
◆最少催行人数 1名

 

 

○第1回 2020年1月18日(土)~19日(日)
場所 南八ヶ岳
1日目 赤岳鉱泉付近にて雪上訓練==ミスをしない歩き方を徹底的に学びます。
2日目 赤岳登頂 地蔵尾根から登り、文三郎道を下ります。ここで複雑な地形の上を、アイゼンを履いて安全に行動する技術を身につけます。
受講料 ¥55,000
その他経費 赤岳鉱泉または行者小屋宿泊費(各自)・現地までの交通費・ガイド諸経費を人数割り

 

 

○第2回 2020年2月22日(土)~23日(日)
場所 南八ヶ岳
1日目 阿弥陀岳北稜登攀
2日目 赤岳~阿弥陀岳縦走 文三郎道よりまず赤岳に登り、そこから中岳を経て、阿弥陀岳に登頂します。
受講料¥55,000
その他経費 行者小屋宿泊経費(各自)・現地までの交通費・ガイド諸経費を人数割り

 

 

○第3回 富士山登頂本番 2020年3月7日(土)~8日(日)
1日目 吉田口1合目~5合目佐藤小屋(泊)
2日目 佐藤小屋・・・富士山頂上・・・佐藤小屋・・・1号目
受講料¥75,000
その他経費 佐藤小屋宿泊費(各自)・現地までの交通費・ガイド諸経費を人数割り

 

○予備日
第3回の日程で悪天候の場合、この日程にスライドします。
2020年3月20日(金祝)~21日(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

12月の講習会スケジュールです。(10月31日改訂)

師走。皆様お忙しいとは思いますが、岩が絶好のコンディションで皆様を待ってますよ!
12月は平日2回のクライミング講習会を予定しております。
初めての方から、中級ぐらいまでの方にステップアップして頂ける内容です。
皆さまからのご応募お待ちしております!!

 

★12月12日(木) クライミング講習会@青梅カーネルロック
都内からのアクセスも割と楽な、青梅市日向和田にある、石灰岩の岩場です。
5.9、5.10a、5.10cなどがあり、その中でも5.10aのルートはとても登りがいのある面白いルートです。南向きの岩場なので、ポカポカの中登ることができます。
●受講料 ¥14,000
●保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせ下さい)
●道具レンタル料 (ヘルメット・ハーネス・専用シューズ:各¥500)
●岩場入場料 ¥500
●対象となる方 クライミング経験1回以上
●定員 4名
●最少催行人数 1名

 

 

★12月19日(木) クライミング講習会@湯河原幕岩
ぽかぽかとあたたかい岩場です。とても易しいルートから中級者向けのルートまで多彩な表情をもつ素敵な場所です。寒いのが苦手な方は、Tシャツでも過ごせる湯河原に集合!!です。
●受講料 ¥14,000
●保険料 ¥1,000(岩登りがカバーされている保険に未加入の方はお知らせ下さい)
●道具レンタル料 (ヘルメット・ハーネス・専用シューズ:各¥500)
●ガイド経費 ¥8,300を人数割り
●対象となる方 入門者~5.10cぐらいの方
●定員 4名
●最少催行人数 1名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿弥陀岳北西稜 左バリエーション アルピニスト養成アカデミー

2019年2月24日(日)
八ヶ岳、阿弥陀岳北西稜の左バリエーションを登攀してきました。

3:40に行者小屋を出発

暗いうちに行者小屋を出発し、12分歩いたところで北西稜への分岐に到着。はっきりしたトレースに導かれて、迷う事もなく北西稜に取り付く。
約1時間で樹林帯を抜け出て、ナイフリッジの手前に着きました。まだ暗すぎるので、ここで大休憩。

無風快晴の空です。その内東の空が明るくなり、北西稜が見えてきました。

ロープを結びあって、6時に出発です。

コンティニュアスで足元慎重に進んでいきます。

ほどなくして、岩壁のたもとに到着。立派なステンレスハンガーと、ロープスリングが取り付けてあります。ここから正規ルートは岩壁の右をトラバースしていくのですが、我々は左へのルートを採りました。

50mほど左上にトラバースし、硬い雪壁から垂直の草付き、スカスカ雪の壁、そして積み木状脆い岩を右へトラバース。

そして数メートルの岩の核心部に突入。雪は少なく、岩に張り付いた硬い雪にアックスを刺し、その後手袋でチョックストーンを掴んで体を上げます。なかなかに面白いピッチです。

そして岩稜に乗りあがった所が、正規ルートとの合流点。
そこから1ピッチ10mを登り、ボルトでビレイ。高度感があり、とても気持ちの良い所です。

あとは100mほどの雪壁を、再びコンティニュアスで登り、摩利支天峰に到達。

少しのアップダウンを乗り越えて、8時15分頃に阿弥陀岳に登頂です。相変わらず穏やかな天気。

あとは40分で中岳沢をくだり、9時過ぎには行者小屋テント場に戻り、ティータイムです。とても爽快な朝でした。

今シーズン、アルピニスト養成アカデミーではラッセルを全くしていません。雪が少ないですね。

翌週は谷川岳の予定です。雪がたくさんあることを期待します!

 

アルピニスト養成アカデミーよりお知らせ

5月4日をもちまして、特別料金モニター受講生の募集を終了致しました。ご応募ありがとうございました!
尚、夏季コースの通常受講生の募集は現在も継続中です。

★自身の力でバリエーションルートを登れるようになりたい方、沢登りをしてみたい方、山の総合力を養いたいかたには、当アカデミーが最適です!!皆様からのお問合せを、心よりお待ちしております!

残雪の奥穂高岳登頂!!5月3日(水)~5月5日(金)

アイキャッチ画像出典:涸沢小屋

残雪期の穂高・涸沢はまさに雲上の天国です!アイゼンをきしませながら登る奥穂への道のりは、感激いっぱい!降りてきたら涸沢小屋でソフトクリームとビールで乾杯しましょう!!

 

期日:2017年5月3日(水)~5月5日(金)
定員:3名
ガイド料 ¥45,000/人 保険はご相談下さい。
その他費用:宿代¥9,500×2泊=¥19,000
※その他現地までの交通費は、各自のご負担です。
対象レベル:八ヶ岳(赤岳・阿弥陀岳など)・木曽駒ヶ岳などの雪山を登ったことがある方。
宿泊:涸沢小屋(2泊)
集合場所:上高地バスターミナル
集合時刻:2017年5月3日11時AM
解散:上高地バスターミナル 2017年5月5日11時頃

☆行程
5月3日 上高地バスターミナル…徳澤…横尾…涸沢小屋(泊)
5月4日 涸沢小屋…穂高岳山荘…奥穂高岳…穂高岳山荘…涸沢小屋
5月5日 涸沢小屋…横尾…徳澤…上高地バスターミナル
★申込締切 2017年4月21日(金)

 

★持ち物
ヘルメット
ハーネス
12本爪アイゼン
ピッケル
カラビナ(安全環付き)1個
冬山登山靴
オーバーパンツ
ジャケット
中間着(フリースなど)
タイツ
防寒着(薄手のダウンジャケットなど)
行動食2日分
非常食少々
インナー手袋
中間手袋
オーバーグローブ
ニット帽
バラクラバ(目出帽)
サングラス
靴下
飲物(小屋でも購入可能)
現金(※涸沢小屋¥9,500/泊)
保険証

皆様のご参加を心よりお待ちしております!!

冬富士ガイド 2017年3月4日~3月5日

冬の富士山ガイドの模様をお伝えします。

フランス人で、日本に8年住む男性のお客様を、富士山にご案内してきました。

フランス人のKさんは、高山のご経験はありますが、日本の冬山の経験は初めてです。

そこで12月・1月に八ヶ岳でトレーニング山行を行うことにしました。

そこで登ったのは、硫黄岳、赤岳一般道、阿弥陀岳北稜です。

人により、トレーニング内容は変わりますが、Kさんの場合はこれで富士山への準備が出来上がりました。

2017年3月4日(土)馬返し~佐藤小屋

13時25分、馬返しに車を止めて出発した我々は、青空の下汗をかきながらのんびりと上がって行きました。
佐藤小屋までの道のりは、コメツガなどの大きな針葉樹の森を歩く、癒しのルートです。時折河口湖方面の展望が得られ、どんどん高度が上がることを実感できます。

16時に五合目佐藤小屋に到着!! ご主人やおかみさん方の笑顔が出迎えてくれました。
この夜のごはんは盛りだくさんの具材が入った、豚しゃぶでした!!おいしかった~!万年寝不足の私たちは、食後すぐにお布団へ。。。

2017年3月5日(日)佐藤小屋~3,230m~佐藤小屋~馬返し

5時に美味しい美味しい鍋焼きうどんを頂いてから、小屋前でハーネス・アイゼンを付けます。装備の最終チェックを行いました。ヘルメットの調整・アイゼンの締め具合の調整など…道具に不備があってはならないのです。とてもシビアな山登りが待っていますので!

風はやや強し。空は快晴。あとは数日前に降った雪の下にある氷の具合が、登頂成功の鍵を握ります。
6合目まではややゆっくりと歩いて、ウォーミングアップです。6合目の登山指導センター脇で、ロープを結びあって、登り続けました。

登るにつれて、少しずつ風が強くなってきました。頂上付近はかなりの風が吹いている模様です。
冬富士は、夏の賑やかさが嘘のように荘厳で、厳しい面をしています。1ミスが命取りになる山なので、絶対にミスは許されません。ガイドは秒単位で変化する状況を読みながら、お客様の安全を確保します。一方Kさんは初めの内呼吸が若干あらかったものの、登るにつれて調子が出てきたようです。


だんだん調子を上げてきたKさん

2,230mの佐藤小屋から登り始めて、すでに800mほど高度を上げました。雪面はカチカチに凍っています。アイゼンの歯が刺さりこむ感覚は、いつでも素晴らしい! 標高3,000mぐらいより上は、時折猛烈な風が吹き荒れます。ピッケルのピックを雪面に刺して、耐風姿勢を取りながらジリジリと高度を上げていきました。

 

3,230m

かなり強烈な風に吹かれるようになっていました。これ以上高度を上げるのは危険と判断し、撤退することをKさんに伝えました。Kさんはクライマーズハイになっていたようで、撤退することをとても残念がっていました。あと標高差500mで山頂なのですが、登りより難しい、下りが待っています。体力を十分に残した状態で降りなければなりません。もし体力の8割を使って登頂しても、下りでミスを犯してしまう可能性は大です。その前に下らなくてはならないのです。生きて帰る為に。来シーズンに再挑戦することを山に誓って、下降を開始しました。

今冬の富士山では、多くの滑落者が出ています。それゆえ佐藤小屋のご主人・おかみさん・スタッフの皆さまも、私たちのことを心配してくださいました。無事に佐藤小屋について、小屋の皆さまに帰着を伝えると、私も少しホッとしました。挨拶をし、春の陽気の吉田ルートを下りました。Kさんは下りがとてもお得意です。わずか1時間で、馬返しに到着しました。

体感温度マイナス30℃の世界から、プラス5℃の世界へ戻りました。暑いぐらいです。Kさんは車窓から富士山を振り返って、「とても悔しいね!」と連発していました。私も登頂できなかったのは非常に残念ですが、命あっての山登りです。心に、来年こそは!と誓い、この旅を終えました。

 

 

年越し燕山荘 燕岳登頂!

年越しを素敵な山小屋燕山荘で迎えませんか⁈

雪山経験の豊富なガイドが、皆さまを素晴らしい北アルプスにご案内します!

必要なのは長距離の林道歩き+合戦尾根を登る体力です。

難所はありません。天候を見ながら皆様の安全をガッチリガードしながら登山をします!

 

年末年始の燕山荘は人気スポットですので、お早目にご相談下さい!

 

☆期日 2016年12月30日~2017年1月1日

☆集合 12月30日午前9時 JR穂高駅前

☆解散 1月1日午後3時 JR穂高駅前

☆行程 1日目:穂高駅~車移動~駐車場…林道歩き(約5時間)…中房温泉(泊)

2日目:中房温泉…合戦尾根(8時間)…燕山荘(泊)

3日目:燕山荘…燕岳…燕山荘…下山…中房温泉…林道歩き…駐車場~穂高駅(約10時間)

☆定員 6名

☆ガイド料 3日間¥35,000/人

保険料 ¥1,000

☆申込期限:2016年12月4日(日)

この他に中房温泉宿泊・燕山荘宿泊料金がかかります。

持ち物など詳細はお問い合わせ下さい。ご参加の方には、詳しい実施要項をお送りします。

冬山のエキスパートガイド・山田祐士と、美しい燕岳で年越しをしましょう!!