アルピニスト養成アカデミー

アルピニスト養成アカデミー沢登り第4回ナルミズ沢遡下降

アルピニスト養成アカデミーの沢登り強化合宿、第4回目は、谷川連峰のナルミズ沢にて行われました。


宝川温泉付近の駐車場から歩き出す

ウツボギ沢出合までは林道・登山道の歩きです。歩き出して間もなく雨が降り出しました。そして本降り。。。
合羽を着て、泣きそうになりながら、重荷を担いでただただ進みます。

宝川沿いの登山道はトラロープを持ちながら登り下りする箇所が何か所かあります。雨で濡れていると、ちょっと心配な所です。


宝川渡渉地点

3時間半歩いた末、ようやくウツボギ沢出合に到着しました。ウツボギ沢出合には、ひろーいビバーク場所があります。ここのビバーク地は快適ですが、ポールでなくロープを張ってタープを設営するには、なかなかいい木がありません。今回はここでは泊らず、さらに先へ駒を進めます。この頃には太陽が顔を出してくれました!

エメラルドグリーンの釜、トイ状、どれをとっても申し分のない景色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな渓相が続きます。寒かったので、泳ぎは最小限にして、へつり・高巻きでクリアしていきました。


魚留の滝

魚留の滝の上にも、ちゃんと岩魚が泳いでいました。

いよいよ1,400m二俣。これを右俣の本流に進路を取って間もなく、右岸に平坦地を見つけました。今夜の露営地に決まりです。増水には堪えられない高さですが、天気予報などチェックして、大丈夫なので、ここで一夜を明かすことに。

雨は降らないとみたので、タープは張らず、そのまま焚火の横でご就寝。しかし薪の少なさには苦労しました。悔しいけれど、予備に持って行ったジェットボイルで白米を炊きました。晩御飯はキーマカレーと、受講生のOさんが頑張って担ぎ上げてくれたビール!!

1,420m右岸にあるビバーク地

夜は満天の星空でした。放射冷却で、結構寒かったです。ポリゴンネスト4×3だけでは、ガクブルでした。

飽きの来ない渓相にご満悦!!

翌朝はなんと、ガスが立ち込めていました。山の上も見えません。またガスガス攻撃ですか~~~

我々は遡行後のやぶ漕ぎ縦走を避ける為、このビバーク地に荷物をデポして、大烏帽子山を往復し、同沢を下降する計画です。


源流部で水を調達する

いよいよナルミズの水が枯れる頃、右手に分かれる踏み跡に導かれ、1,710mのジャンクションピーク&大烏帽子山のコルに到着。視界はほとんど得られませんでした。コンパスと地図で道を読みながら、廃道と化した大烏帽子山への200mを進みます。

そして十数分。ようやく大烏帽子山頂上に到着!!

大烏帽子山頂上にて

大烏帽子山頂上には、小さな頂上標識が置かれていました。これを持って記念撮影、パシャリ。

東京起点120沢の本では、『地獄の下降が待っている』と書かれているから、大烏帽子山に寄る登山者はいないのでしょうね。ジャンクションピーク方面には踏み跡が付いていましたが、大烏帽子山方面は藪でした。

さて、同ルート下降の始まりです。所々ロープでビレイしながら、ビバーク地点まで降りてきました。


昨夜のビバーク地点

ここからナメ滝を慎重に下り、時にクライムダウンを交えながら、ナルミズ沢を下降していきます。


ダウンクライムのトラバース 落ちたら冷水で心臓マヒ?!

こうやって降りている間に、すっかり空は晴れ上がり、暑さが戻ってきました。山頂からの風景も見たかったなあ。

大石沢出合からは登山道に上がりました。グチャグチャ、田んぼのような登山道。沢靴のまま行きました。宝川渡渉地点まで行って、ようやく靴に履き替えました。

あとは速足にて車を目指します。帰りは早いな~~!!

ということで、2017年夏季コースの沢登り4連発合宿は修了しました。来年もみんなで美しい沢を登りましょう!!

私は9月から10月までヒマラヤに行く予定です。その間はアカデミーはお休みさせて頂いております。帰国後は小川山や瑞牆にてショートルート・マルチピッチの研修予定です。

そして、いよいよお待ちかね、冬期コースが12月より始まります。雪上訓練・ビバーク訓練・埋没者救助訓練などを交えながら、美しい雪山をみんなで登る予定です!!

アルピニスト養成アカデミー 沢登り 大常木谷

8月13日~14日で、奥秩父、深山幽谷の美渓、大常木谷へ行ってきました。
この沢は泳ぎがあるので、真夏の暑い日がベストです。しかしあいにくの小雨模様のなか入渓。

受講生は今回2名です。一名は沢登り3回目、もう一名は沢登り2回目です。一度奥秩父のビッグな沢を味わって頂きたく、頑張って登ってもらいました。

一之瀬川は増水気味。大常木出合まではゆるりと歩いておよそ20~30分です。

大常木に入った途端に、水の澄んでいるのがわかります。なんて美しい沢なんでしょう。

高巻き、直登を度々繰り返し、この日は1,010mあたりの川原でビバーク。

タープで雨を凌ぎ、火を一晩中絶やさず焚いていました。

2日目は6時半発で、この寒い早朝からいきなり山女魚淵の泳ぎ!!恐ろしい寒さです。心臓マヒをおこしそうな冷たさでした。最初に山田がロープを引きずって泳いでいきますが、激流に門前払いを食らって、押し返されてしまいました(笑)

気合を入れ直し、テイク2。今度は水流をよく読んで、何とか淵を泳ぎ切る。しかし潜っていたところから滝への所で、水で重くなったザックが持ち上がりません。気合い!!担ごうとすると足が滑りそうになる。足重視で行くと、ザックが流されそうになる。こんなせめぎあいを続けたのち、なんとか滝を越えました。

山女魚淵の激流に逆らう

後続の受講生さん用に、ロープを固定します。そして一人ずつチャレンジ。なかなか皆さんお上手です!しかし水は冷たい。山女魚淵から早川淵までのゴルジュ帯を越えたころには、全員寒さで震えていました。

それから少しずつ緩やかになる渓相をみながら、高度を上げていきました。

ようやく着いた会所小屋跡。ほっと一息です。本日はここまでで切り上げて、踏み跡を辿って、まあ長いような短いような下降の後、駐車スペースまで戻りました。一之瀬川へピンポイントで出る路を取って歩きましたが、結構ワイルドで脆いので、あまりお勧めできません。

魚影を探しながら歩きましたが、イワナらしき影は全然見当たりませんでした。O森氏持参の釣り具は今回は出番がありませんでした。

次回は谷川連峰のナルミズ沢合宿です。エメラルドグリーンの美渓に酔いしれましょう!

 

アルピニスト養成アカデミー 沢登りデビュー戦!!@水根沢

アルピニスト養成アカデミーの夏は、沢登り!!

沢はクライミングと直結はしないかもしれませんが、体力が付くし、自然の音に耳を澄まし、雄大さや厳しさを感じ取る力を養える、非常に貴重な体験です。
残置支点は錆びて、残置スリングはいつきれるか分からない。そこで自分自身でプロテクションを設置し、または自然の支点(灌木や岩角など)を利用する技術を、必要に迫られて使うので、私は沢登りが冬の岩壁に通ずるものを持っていると感じています。

さて、沢登りの第一回目は奥多摩の水根沢でした。水根沢は奥多摩湖のそば、水根沢バス停のある所からアプローチします。遡行時間は短いですが、水量は多く、所々背の立たない深淵を泳ぐことになります。
沢登りのガイドブックをみると、初心者向けになっていますが、決して初心者同士ではいかないようにしてください。必ず信頼できる経験者の方や、ガイドと行くようにしてください。


入渓点で遡行準備をする受講生のみなさん

この日は朝はざあざあぶりの雨でしたが、奥多摩に近づくころには雨は小降りとなり、空も幾分明るくなってきました。今回の受講生さんは、一人は沢登り2回目、もう一人は沢登り初めてです。準備をして、いざ沢に入ると、「おぉぉ~冷たい!!」と言いながらも表情は今日の山行への思いで輝いています。
ばらく普通の川原を歩いて行くと、滝やゴルジュ(峡谷)地帯に入りました。


日ごろ鍛えているクライミング技術で、安定して登る受講生さん

傾斜が緩く、手掛かりもしっかりしている滝は、ロープを付けないで登ります。その後核心部に入りますが、そこからは私がロープで確保しながら登って頂きました。(なので後半は写真がありませんm(__)m)

 

背の立たない滝つぼを泳いで突破し、滝を登る

しばらく登っていくと、大所帯のグループの方々にお会いしました。稜朋会の皆さんで、16人で来られたそうです。賑やかで楽しそうに登られていました。山岳会が賑わっているのは、とても嬉しい事です。集まる所には集まっているのですね! これだけ多くの方がバリエーションルートを志していることは、とても喜ばしい事です。

私たちは稜朋会のみなさんより少し下流で、この日の遡行を終え、踏み跡を辿って林道を下山しました。気合の入った受講生の皆さんには少し物足りないかな、鍛えたりないかな、とも思いましたが、再び雨だったので、この日は大人しく温泉に向かう事にしました。

沢登りをしていて、トポ(ガイドブック)と地形図を見ながら、迷わず安全に登りきることができるようになれば、一定レベルに達していると言っていいですが、さらに踏み込んでトポを見ないで地形図と現場判断で、滝を直登するのか、高巻くのか、そして高巻いたなら、どこから沢に戻るのかを判断できるようになれば、なかなかのレベルに達している証だと思います。そこにたどり着くには、登攀登攀の日々を重ねなければなりません。決して怪我をせずに練習をしながら。

次回のアカデミー沢合宿は、奥秩父の原始林に流れる美しい沢、大常木谷です。たくさん深淵を味わって頂きます!!

アルピニスト養成アカデミー 子持山・谷川岳

6月10日(土)は、谷川岳へ行く予定でしたが、天気が残念な状態だったので、天気のよさそうな子持山獅子岩へ転進しました。
子持山の登山道は、現在3号橋で通行止めになっています。そこから7号橋の登山道までの間は、道路がズタズタに寸断されており、復旧には相当の時間がかかるでしょう。登山口までの歩行時間はおよそ20分です。

獅子岩には現在2本のマルチピッチルートが引かれています。私たちは左の従来ルートを登り始めました。本日はMさんとIさんのマルチピッチリードデビュー戦です。壁をみてどちらも緊張されていましたが、登る手足は落ち着いてみえます。

2ピッチ目をリード中

最初はMさんがリード。山田とIさんがフォローします。

1ピッチ目のフォロー

2ピッチ登ったところで、前のグループが進むのを待ちます。かなりの時間、ハンギングしていましたが、なかなか進まないので、一度ラッペルして、同じピッチをリード交代して登り直すことにしました。

また登りはじめ、ビレイポイントにてレクチャーをしているうちに、雨が降り出しました。しばらく様子をみていましたが、なかなか止まず本降りになりそうなので、今回はここで終えることにしました。

いよいよ6月11日(日)は谷川岳です!

一ノ倉沢の朝は荘厳でした。

3時起き4時出発で一番乗りかなと思いきや、すでに中央稜も南稜も行列ができていました。一体みなさま何時に起きているのでしょう⁈
南稜テラスで待っている時に、別のグループの方々を観察していました。正直申し上げて「危ない」クライマーが結構見受けられました。リードもフォローもジムのトップロープのように、8の字結びをカラビナでハーネスに連結しているグループや、全く使わないであろうギアの類をたくさんぶら下げているグループ。そして、1ピッチ目のチムニーが登れずにグループに取り残されてしまった方。コールが届かずキレ気味のグループ。ハーネスがねじれたまま履いていてる方。

山岳会の皆さんなのでしょうか。それは分かりません。これらの方々を見ていると、連れられて来る人は、リーダーがしっかりした技術と知識を持っているのか分からないまま付いて来てしまっていて、尊いご自身の命をリスクに晒していることさえも気づいていないのだな、と怖くなります。

どうかクライマーの皆さん、正しい基礎技術と新しい技術に対して、常にご自身でアンテナを張り巡らせてクライミングを続けて欲しいと思います。引力に逆らって楽しむのが、クライミングというスポーツですから、危険はそこいら中に潜んでいます。一度無事に帰ってこられたからと言って、ご自身の技術・知識が間違っていないとは限りません。昨日無事に帰ってこられた方の半数は、運が良かっただけだと思います。運は最後に残しておかなければなりません。勉強と技術の研鑽が不可欠なスポーツを、私たちは楽しんでいるのです。

南稜は数珠繋ぎ…

中央カンテや凹状、中央稜も人でいっぱい。頻繁に落石が発生しています。

かなり順番待ちをした後、ようやく私たちが登れる時間になりました。本日は講師の山田が全ピッチリードすることになっています。今日のクライミングでは、ファイブテンのアプローチシューズ、キャンプ4の威力を試すことにしました。
フリクションは素晴らしいです。ただ、私の足型は甲が少し低いので、若干靴の中で足が遊んでしまいます。もう半サイズ小さくしてもよかったかもしれません。この次はアディダスのアプローチシューズを試してみようと考えています。

さて、たった3ピッチ登って、馬の背が見えたところですが、南稜上部はクライマーが富士山のように繋がっており(ちょっと言い過ぎ笑)、これは下降も考えるとカオスだなと、判断しました。断腸の思いで下降を決めました。受講生のお二人には、本当に完登してほしかったので、残念でなりません。次は海の日連休の剱岳で、アルパインクライミングを満喫しましょう。

帰りは途中までテールリッジを下り、下部は衝立スラブを下りました。日本アルパインガイド協会では毎年テールリッジ近辺のアプローチルート整備を行っていますが、衝立スラブのボルトは雪崩で根こそぎ持っていかれたようです。最後の60mのみ、ハーケンで支点を作って、懸垂下降にて雪渓に降り立ちました。

 

一ノ倉出合~テールリッジ末端までは、雪渓がまだ十分にあり、登りはアイゼンなしでも安心して登ることができました。わずか20分強でテールリッジに着きました。ただし下りは、軽アイゼンがあった方が無難に下れます。中央稜完登から北稜~衝立前沢へと降りる場合は、やはり軽アイゼンはあった方が無難です。
コップスラブにはまだ雪が残っていたので、ブロック雪崩にも注意が必要です。7月の谷川岳B班の時は、さらに早起きすることを誓うのでした!

アルピニスト養成アカデミー 湯川クラック・男山ダイレクト

アルピニスト養成アカデミー 第3回講習は、5月27日湯川、28日男山ダイレクトで実施されました。
湯川では、受講生の皆さん初めての、クラッククライミング!! テーピングをまず巻いて、それからハンドジャム・フットジャムの方法をレクチャーします。ですが百聞は一見に如かず!クラックをまずは触ってみましょう、ということでお一人ずつチャレンジ!

初心者課題で有名なデゲンナー(5.8)。グレード(難易度)は低くても、わりとクセのあるルートだと思います。男性の手だと、手の8割ぐらいしかクラックに入りませんし。フットジャミングは慣れるまでは怖いですね。「ほんとうにこれで滑らないのか?!」と思ってしまいますよね(笑) ですがフットジャミングに慣れれば、こんなに良いスタンス(足がかり)はない!と思えるようになるのです。

お昼ごはんの後は、前回の研修で消化できなかった、セルフレスキューの一つ、1/3引き上げ法を実習しました。フリクションヒッチを使うよりも、タイブロックを使う方が、一瞬で引き上げシステムを作れて楽です。
その後はビレイ中の仮固定を実習しました。

さてクラック講習に戻り、もう一度デゲンナーを登ります。みなさんかなりの奮闘模様!クラック技術は、アルパインクライミングをする際に、とても重要な物です。自分でプロテクションをセットし、岩壁の弱点をついて登る技術は、将来大きな岩壁に取り付くときに、心強い武器になります。

2日目は川上村の雄峰、男山に引かれた素晴らしいルート、「男山ダイレクト」を登りに行きました。受講生が4名なので、講師は私の他に、Mr.DOUKEガイドをお招きして、2グループに分かれて、登りだしました。
岩壁を目指していざ出発!!

朝の登山口は少し肌寒いぐらいでしたが、アプローチを始めると案の定汗が噴き出してきます。
目指すは男山の頂上岩峰群!!

3ピッチの岩壁は、1ピッチ目<2ピッチ目<3ピッチ目という具合に難しくなっていきます。脆さも同じように遷移していきますが、景色も登るごとに素晴らしさを増します。

クライマーの背中は、野辺山高原のレタス畑と、八ヶ岳・南アルプスが見守っている

脆さはあるが、日本の壁を登るならこの脆さに対応した安全な登り方を覚えることも必要

3ピッチ登った後は、200mほどの岩稜をコンティニュアスで歩きます。そして頂上にポコッと出るのです。


後続グループが岩稜を歩いている

約2時間で、取り付きから頂上にでました。頂上は360°の大パノラマ。美しい景色です。
男山ダイレクトは、ほとんどボルトと残置ハーケンで登れますが、小さなカムやナッツも有効です。ランナウトするので、これらを持っていくと安心です。下降は一般登山道を歩けます。懸垂下降する箇所はありません。

次回は三つ峠屏風岩にて、支点構築・セルフレスキュー・懸垂下降・ビレイ技術・マルチピッチシステム・トップロープによる練習と盛りだくさんのメニュー予定です!

アルピニスト養成アカデミー 三つ峠・十二ヶ岳の岩場

5月14日(日) 第一回の研修を行いました。
朝6時半に屛風岩へ着いてみると、岩壁はビショビショ。
乾くまで基礎技術の説明と実習を行いました。

道具の名前
道具の使い方
道具の正しい装着方法
ロープの結び方(エイトノット・クローブヒッチ・オーバーハンドノット・ダブルフィッシャーマンズノット
・フリクションヒッチ)
ロープの規格
ビレイポイント構築
自己脱出
懸垂下降

クレムハイスト&マッシャーでロープ登高の練習中

10時半ぐらいになりましたが、いまだ壁は乾きません。霧雨も全く止まず、このままここにいても、マルチピッチの練習ができないので、十二ヶ岳の岩場へ移ることにしました。
十二ヶ岳の岩場はラッキーなことに乾いていました。そこで3ピッチ80mほどのルートを登ることにします。このルートはリングボルト・RCCボルト・ハンガーボルト・ハーケンからプロテクションが取れます。ビレイポイントは明確で、しっかりしています。50mロープでも登れますが、私たちは60mロープで登りました。

 

所々脆い部分もありますが、おおむねしっかりした岩で、快適です。1ピッチ目はスラブ、2ピッチ目はおよそ5.8、3ピッチ目はおよそ5.9です。3ピッチ目は右から巻いて行けば5.7ぐらいになるでしょう。

ビレイポイントに着くごとに、どのようにビレイポイントを構築したかを説明し、マルチピッチのシステムを覚えていきます。

終了点に着いたら、しばし景色を堪能したのち懸垂下降に入ります。60mロープだと2回で取り付きに戻れます。
バックアップのシステムや、先に降りた人がロープをケアする方法を実践します。

無事に取りつきへ戻ったら、夕方になっていました。
ここの岩場は誰もいない貸し切りで、西湖の絶景も貸し切り!
次は来週のつづら岩、そして翌々週は男山ダイレクトと湯川でのクラッククライミングです。