アルピニスト養成アカデミー

阿弥陀岳北西稜 左バリエーション アルピニスト養成アカデミー

2019年2月24日(日)
八ヶ岳、阿弥陀岳北西稜の左バリエーションを登攀してきました。

3:40に行者小屋を出発

暗いうちに行者小屋を出発し、12分歩いたところで北西稜への分岐に到着。はっきりしたトレースに導かれて、迷う事もなく北西稜に取り付く。
約1時間で樹林帯を抜け出て、ナイフリッジの手前に着きました。まだ暗すぎるので、ここで大休憩。

無風快晴の空です。その内東の空が明るくなり、北西稜が見えてきました。

ロープを結びあって、6時に出発です。

コンティニュアスで足元慎重に進んでいきます。

ほどなくして、岩壁のたもとに到着。立派なステンレスハンガーと、ロープスリングが取り付けてあります。ここから正規ルートは岩壁の右をトラバースしていくのですが、我々は左へのルートを採りました。

50mほど左上にトラバースし、硬い雪壁から垂直の草付き、スカスカ雪の壁、そして積み木状脆い岩を右へトラバース。

そして数メートルの岩の核心部に突入。雪は少なく、岩に張り付いた硬い雪にアックスを刺し、その後手袋でチョックストーンを掴んで体を上げます。なかなかに面白いピッチです。

そして岩稜に乗りあがった所が、正規ルートとの合流点。
そこから1ピッチ10mを登り、ボルトでビレイ。高度感があり、とても気持ちの良い所です。

あとは100mほどの雪壁を、再びコンティニュアスで登り、摩利支天峰に到達。

少しのアップダウンを乗り越えて、8時15分頃に阿弥陀岳に登頂です。相変わらず穏やかな天気。

あとは40分で中岳沢をくだり、9時過ぎには行者小屋テント場に戻り、ティータイムです。とても爽快な朝でした。

今シーズン、アルピニスト養成アカデミーではラッセルを全くしていません。雪が少ないですね。

翌週は谷川岳の予定です。雪がたくさんあることを期待します!

 

アルピニスト養成アカデミー  群馬県アイスクライミング合宿

1月成人の日連休は、群馬でアイスクライミング武者修行合宿でした。

アイス有りミックス有り、ドライ有りの飽きさせない壁で、受講生さんがたは2日間で合計9本登りました。9本もよく登ったなと感心してます。

アイスクライミング二回目の方、今回ぎ生まれて初めての方、などなど。2日目の後半にもなれば、手足の動きもかなり洗練されてきました。

アックスは肩ではなく、手首のスナップで効かせる!まさにそれを習得できたと思います。

また、肩~肘~手首~アックスの先、このラインの軸がずれると、アックスを打った時に氷に弾かれてしまいます。全て一直線で振りかざします。

そしてできるだけ一撃で氷に刺す!!これが省エネクライミングのコツです。3回、4回とアックスを打ち直していると、どんどん疲労してきてしまいます。

Oさんは氷だけでは物足らず、ミックスルートにトライ。オンサイトで完登!!素晴らしいです。

アイスギアは研いだり錆止めしたり、面倒で手のかかる子ですが、やり出すと面白いスポーツなんですよね。

次週は赤岳天狗尾根。久しぶりのヒットエンドラン登山が待っています!

アルピニスト養成アカデミー・アイゼントレ in 越沢バットレス

2018年11月28日(水)
越沢バットレスにてアイゼントレーニングを行いました。
今日の参加者は、アイゼンでの岩登りが人生初のMJさん。
右ルートの1ピッチ目から、天狗の肩とは反対方向にある、懸垂下降支点に向けてルート取りをし、そこにトップロープをセットして練習をしました。

アイゼンを履かずにブーツのみでチャレンジ

まずは東屋にて装備チェック。ブーツの紐の締め具合は、通常の山歩きよりかなりきつめにすることが大切です。紐を締めたつもりでも、岩壁につま先立ちになると、かかとが浮いてしまうことがあります。それを防ぐためには、足首から下の紐をかなりタイトに締めておく必要があります。

まずはアイゼンなしで、ブーツのみで登ってみます。これはこれでソールが結構滑るので、慣れないと怖いものです。ふだんクライミングシューズでスイスイ行けるはずの所も、一歩一歩がかなり慎重!

2本目からはアイゼンをつけてクライミング

2本目はいよいよアイゼンを装着してのクライミングです。
アイゼンがクライミング中に外れると、とても怖い思いをします。なので踵のバインディングを固めに設定します。目安としては、両手で「バチン!!」という音とともに締まるぐらいです。

アイゼンでのクライミングのポイントは、、、
・かかとを上げ過ぎず、出来るだけ足裏を水平に保つ
・怖さで膝が岩壁にむかって曲がりやすいが、これを我慢して前爪でしっかりと立つ
・前爪2本のアイゼンの場合、親指側の爪を積極的に利用する。そしてもう一方の前爪が岩に触れると、安定していた親指側の爪が岩から外れてしまいます。なので足を岩に置いたら、足はできるだけ動かさないようにする
・おだんごぐらいの岩のコブ状のところは前の爪4本を利用し、コブを包み込むように足を置く

 

MJさん、ヒャー!と言いながらもノーテンションで完登!!素晴らしいです。

お昼ごはんを済ませてから、第3登目。岩壁に日が差してきて、一枚脱ぎたくなる暑さになりました。でもビレイ場所は井戸の底(笑)。

かなり慣れてきて、極小スタンスにも立てるようになってきた

ラスト4本目はできるだけ難しい場所を選んでチャレンジです。だいぶ体が疲れてきたようで、1テンション。でも上まで登り切りました。

最後は東屋にてレスキュー用のロープ担架を作成する練習をして、本日の研修を修了!!

レスキュー用ロープ担架(半身用)

とてもとてもMJさん頑張りました!恐らく筋肉痛必至です。次回の予定は12月12日です。再び越沢バットレスにて、今度はマルチピッチに出陣です。

 

※越沢バットレスへ行く車道は現在工事中です。工事現場の途中に車を止めると、工事用車両が往来できなくなってしまいます。鳩ノ巣駅駐車場に車を止めるなりして、ありがたい40分のアプローチトレーニングを楽しみましょう!!

アルピニスト養成アカデミー 冬季コース受講生募集!!

アルピニスト養成アカデミーでは、11月よりはじまる、冬季コースの受講者を1名募集します。
都県の山岳連盟の講習を修了したかたや、ガイド講習会を受講したことのある方、または一人で練習してきたけど、新しくて安全・正しい技術を身につけたいとお考えの方へのアナウンスです。

☆募集要項
・定員 1名
・対象者 20~55歳くらいまでの男女

・必要経験(下記のうちいずれかのご経験をお持ちの方)
・夏山テント泊経験・クライミング経験・冬山経験

・費用 入会金¥100,000
受講料 月額¥70,000
・期間 2018年11月~2019年4月まで
・要件 山岳保険に加入のこと
・基本活動曜日 土日祝

アルピニスト養成アカデミーの特設ページはここをクリックしてください。

★アルピニスト養成アカデミーでは、チームワークでの登山に重きを置いています。お互いに補い合い知恵を出し合って、大切な仲間と一緒に登頂することが優先されます。この主旨に共鳴して頂ける方を募集します。

活動内容
雪山一般ルート・バリエーションルート・アルパインクライミング・アイスクライミング・縦走・フリークライミング・雪上訓練・レスキュー訓練

アカデミー受講者特典:
山用品を割安で購入することができます。

アルピニスト養成アカデミー 御岳池田フェイス研修

長ーい雨季と台風が去り、ようやくクライミングシーズンが到来した。
アカデミーチームが愛する池田フェイス。
先々週に来た時はビショビショだったが、10月17日・18日は95%乾いていた!
MJさんは果てしなく続くと思われた、ビタースウィート5.9をついに完登!!それもこの日の1便目にて!
講師山田は感動した!!
終了点にてガッツポーズを決めるMJさん

MJさんは入校3か月。クライミング歴も3か月。履歴は短いが、モチベーションが高く、ジム通いもしっかりこなす頑張り屋さん。ここへきて頭角を現してきた。

そして続いて、ファーストフィンガー5.10a/bにトライ。上部の核心部で打ちのめされるも、3便トライして、なにかを掴めたようだ。
ムーブを探るMJさん

核心部に突入!!

ファーストフィンガーを3便登り終えたMJさんの前腕はパンパンであったようだ。おそらく本日のお仕事は苦行になっていることだろう!

そして18日。

Cさんのマンツーマンレッスン@池田フェイス。

Cさん、初夏に天王岩のクラックジョイを登った時は、悶えて悶えてトップアウトすらできなかった。がしかし!
練習の甲斐あって、1便目からビタースウィート5.9を一撃。続いてファーストフィンガー5.10a/bにトライ。1便目でムーブを大体解決し、2便目にて完登!!素晴らしすぎる!!講師をやっててよかったと心底思った。

そしてさらに東風ふかば5.10b/cにターゲットを移す。
最初のハングはお茶の子さいさい。そして上部3分の1にある核心部フェイスへ突入!!
1便目、ムーブができない!!(泣)そして2便目。なんと核心部のムーブを解決!!

しかし、終了点直下のキーホールドがビショビショヌルヌル。。。

なんとかテンションを交え、終了点へ到着。

多分ホールドが乾いている時に、更なるトレーニングを積んでくれば、Cさんはすぐに登れるだろう。

MJさんもCさんも強くなっている。昨日今日は私にとっても最高の日であった。風邪ひいたけど、寒すぎて。。。(笑)

 

アルピニスト養成アカデミー平日コース 男山ダイレクト

2018年7月26日
川上村の隠れた名ルート、『男山ダイレクトルート』に行ってきました。
アプローチは、その名も『男橋』を渡って左手に。
そして路肩が広くなったところに、迷惑にならないよう気を付けて車を停車。
そこから登山道をしばらく歩いて行きます。草ぼうぼうになっていました。
右に曲がるヘアピンカーブの外側に、踏み跡らしきものを見つければOK!
しばらく左へトラバースしていくと、古くて太いワイヤーロープがあります。

それ沿いに上がって行き、ワイヤーロープが途切れたら、さらに左へ100mほどトラバース。
目の前に岩の壁が見えてきたら、取り付き間近です。

☆第一岩峰

残置ピンは少ないですが、さほど難しい所はありません。それにしても後ろも横も絶景かな絶景かな!
岩が少々脆いので、それには気を付けねばなりません。

第一岩峰約30m 立木でビレイ。

そこから易しい樹林を20mほど登っていきます。
すると第二岩峰です。

第二岩峰出口

第二岩峰出口は石の積み木状なので、石を落とさぬよう注意が必要です。

第二岩峰35m、立木でビレイ。

いよいよ最後の壁、第三岩峰です。

グレードはここが一番高いですが、持ちやすいホールドばかりなので、そんなにシビアではありません。第三岩峰の出口

第三岩峰を抜けたら、あとは爽快軽快なロックリッジを、山頂まで登っていきます。ここはコンティニュアスで登って行きました。

第三岩峰 20m、細目の立木でビレイ。

山頂には標識『男山』!! まさに男なら、登っておかねばならないルートです。

帰りは登山道を降りられるので、早い早い!!

お昼には車に戻って、帰京するのでした。

最後のリッジでパシャリ

 

アルピニスト養成アカデミー平日コース@越沢バットレス

5月15日、アルピニスト養成アカデミー平日フレックスコースの越沢バットレスでした。
バットレスに到着したのはおよそ8時半。まだうすら寒い感じでした。

まずはウォーミングアップに第二スラブを登りました。

岩は乾いていて、爽快爽快!なのは私で、受講生さんは1ピッチ目がとても恐怖感があったそうです。それでもその後段々と調子が出てきて、第二スラブルートをノーテンション・ノーフォールで登り切りました!

60mロープ2本だと、1回のラッペル(懸垂下降)で、地面まで下りられます。50mロープ2本では届かないので、ご注意を!!

それからからっからの喉を潤しに一旦荷物のある東屋へ。腹ごしらえと水分補給をして、今度は右ルートです。第二スラブも面白いですが、私は右ルートの方が2ピッチ目以降の面白さがお勧めです。

最後の滑り台。

受講生さんかっこいい登り方してます!!とても落ち着いて登っていました。左の壁も最大限利用して、ノーテンションで登ってきました。

そして、最後は終了点からそのままラッペル。バックアップのセット練習を兼ねて降りました。最後はロープを綺麗にたたむ練習をして、今日のレッスン修了!!

本当は日~火まで小川山に行く予定だったのですが、怪しい天気予報にビビり、火曜日帰りで越沢にいってきたのでした。

アルピニスト養成アカデミー沢登り第4回ナルミズ沢遡下降

アルピニスト養成アカデミーの沢登り強化合宿、第4回目は、谷川連峰のナルミズ沢にて行われました。


宝川温泉付近の駐車場から歩き出す

ウツボギ沢出合までは林道・登山道の歩きです。歩き出して間もなく雨が降り出しました。そして本降り。。。
合羽を着て、泣きそうになりながら、重荷を担いでただただ進みます。

宝川沿いの登山道はトラロープを持ちながら登り下りする箇所が何か所かあります。雨で濡れていると、ちょっと心配な所です。


宝川渡渉地点

3時間半歩いた末、ようやくウツボギ沢出合に到着しました。ウツボギ沢出合には、ひろーいビバーク場所があります。ここのビバーク地は快適ですが、ポールでなくロープを張ってタープを設営するには、なかなかいい木がありません。今回はここでは泊らず、さらに先へ駒を進めます。この頃には太陽が顔を出してくれました!

エメラルドグリーンの釜、トイ状、どれをとっても申し分のない景色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな渓相が続きます。寒かったので、泳ぎは最小限にして、へつり・高巻きでクリアしていきました。


魚留の滝

魚留の滝の上にも、ちゃんと岩魚が泳いでいました。

いよいよ1,400m二俣。これを右俣の本流に進路を取って間もなく、右岸に平坦地を見つけました。今夜の露営地に決まりです。増水には堪えられない高さですが、天気予報などチェックして、大丈夫なので、ここで一夜を明かすことに。

雨は降らないとみたので、タープは張らず、そのまま焚火の横でご就寝。しかし薪の少なさには苦労しました。悔しいけれど、予備に持って行ったジェットボイルで白米を炊きました。晩御飯はキーマカレーと、受講生のOさんが頑張って担ぎ上げてくれたビール!!

1,420m右岸にあるビバーク地

夜は満天の星空でした。放射冷却で、結構寒かったです。ポリゴンネスト4×3だけでは、ガクブルでした。

飽きの来ない渓相にご満悦!!

翌朝はなんと、ガスが立ち込めていました。山の上も見えません。またガスガス攻撃ですか~~~

我々は遡行後のやぶ漕ぎ縦走を避ける為、このビバーク地に荷物をデポして、大烏帽子山を往復し、同沢を下降する計画です。


源流部で水を調達する

いよいよナルミズの水が枯れる頃、右手に分かれる踏み跡に導かれ、1,710mのジャンクションピーク&大烏帽子山のコルに到着。視界はほとんど得られませんでした。コンパスと地図で道を読みながら、廃道と化した大烏帽子山への200mを進みます。

そして十数分。ようやく大烏帽子山頂上に到着!!

大烏帽子山頂上にて

大烏帽子山頂上には、小さな頂上標識が置かれていました。これを持って記念撮影、パシャリ。

東京起点120沢の本では、『地獄の下降が待っている』と書かれているから、大烏帽子山に寄る登山者はいないのでしょうね。ジャンクションピーク方面には踏み跡が付いていましたが、大烏帽子山方面は藪でした。

さて、同ルート下降の始まりです。所々ロープでビレイしながら、ビバーク地点まで降りてきました。


昨夜のビバーク地点

ここからナメ滝を慎重に下り、時にクライムダウンを交えながら、ナルミズ沢を下降していきます。


ダウンクライムのトラバース 落ちたら冷水で心臓マヒ?!

こうやって降りている間に、すっかり空は晴れ上がり、暑さが戻ってきました。山頂からの風景も見たかったなあ。

大石沢出合からは登山道に上がりました。グチャグチャ、田んぼのような登山道。沢靴のまま行きました。宝川渡渉地点まで行って、ようやく靴に履き替えました。

あとは速足にて車を目指します。帰りは早いな~~!!

ということで、2017年夏季コースの沢登り4連発合宿は修了しました。来年もみんなで美しい沢を登りましょう!!

私は9月から10月までヒマラヤに行く予定です。その間はアカデミーはお休みさせて頂いております。帰国後は小川山や瑞牆にてショートルート・マルチピッチの研修予定です。

そして、いよいよお待ちかね、冬期コースが12月より始まります。雪上訓練・ビバーク訓練・埋没者救助訓練などを交えながら、美しい雪山をみんなで登る予定です!!

アルピニスト養成アカデミー 沢登り 大常木谷

8月13日~14日で、奥秩父、深山幽谷の美渓、大常木谷へ行ってきました。
この沢は泳ぎがあるので、真夏の暑い日がベストです。しかしあいにくの小雨模様のなか入渓。

受講生は今回2名です。一名は沢登り3回目、もう一名は沢登り2回目です。一度奥秩父のビッグな沢を味わって頂きたく、頑張って登ってもらいました。

一之瀬川は増水気味。大常木出合まではゆるりと歩いておよそ20~30分です。

大常木に入った途端に、水の澄んでいるのがわかります。なんて美しい沢なんでしょう。

高巻き、直登を度々繰り返し、この日は1,010mあたりの川原でビバーク。

タープで雨を凌ぎ、火を一晩中絶やさず焚いていました。

2日目は6時半発で、この寒い早朝からいきなり山女魚淵の泳ぎ!!恐ろしい寒さです。心臓マヒをおこしそうな冷たさでした。最初に山田がロープを引きずって泳いでいきますが、激流に門前払いを食らって、押し返されてしまいました(笑)

気合を入れ直し、テイク2。今度は水流をよく読んで、何とか淵を泳ぎ切る。しかし潜っていたところから滝への所で、水で重くなったザックが持ち上がりません。気合い!!担ごうとすると足が滑りそうになる。足重視で行くと、ザックが流されそうになる。こんなせめぎあいを続けたのち、なんとか滝を越えました。

山女魚淵の激流に逆らう

後続の受講生さん用に、ロープを固定します。そして一人ずつチャレンジ。なかなか皆さんお上手です!しかし水は冷たい。山女魚淵から早川淵までのゴルジュ帯を越えたころには、全員寒さで震えていました。

それから少しずつ緩やかになる渓相をみながら、高度を上げていきました。

ようやく着いた会所小屋跡。ほっと一息です。本日はここまでで切り上げて、踏み跡を辿って、まあ長いような短いような下降の後、駐車スペースまで戻りました。一之瀬川へピンポイントで出る路を取って歩きましたが、結構ワイルドで脆いので、あまりお勧めできません。

魚影を探しながら歩きましたが、イワナらしき影は全然見当たりませんでした。O森氏持参の釣り具は今回は出番がありませんでした。

次回は谷川連峰のナルミズ沢合宿です。エメラルドグリーンの美渓に酔いしれましょう!

 

アルピニスト養成アカデミー 沢登りデビュー戦!!@水根沢

アルピニスト養成アカデミーの夏は、沢登り!!

沢はクライミングと直結はしないかもしれませんが、体力が付くし、自然の音に耳を澄まし、雄大さや厳しさを感じ取る力を養える、非常に貴重な体験です。
残置支点は錆びて、残置スリングはいつきれるか分からない。そこで自分自身でプロテクションを設置し、または自然の支点(灌木や岩角など)を利用する技術を、必要に迫られて使うので、私は沢登りが冬の岩壁に通ずるものを持っていると感じています。

さて、沢登りの第一回目は奥多摩の水根沢でした。水根沢は奥多摩湖のそば、水根沢バス停のある所からアプローチします。遡行時間は短いですが、水量は多く、所々背の立たない深淵を泳ぐことになります。
沢登りのガイドブックをみると、初心者向けになっていますが、決して初心者同士ではいかないようにしてください。必ず信頼できる経験者の方や、ガイドと行くようにしてください。


入渓点で遡行準備をする受講生のみなさん

この日は朝はざあざあぶりの雨でしたが、奥多摩に近づくころには雨は小降りとなり、空も幾分明るくなってきました。今回の受講生さんは、一人は沢登り2回目、もう一人は沢登り初めてです。準備をして、いざ沢に入ると、「おぉぉ~冷たい!!」と言いながらも表情は今日の山行への思いで輝いています。
ばらく普通の川原を歩いて行くと、滝やゴルジュ(峡谷)地帯に入りました。


日ごろ鍛えているクライミング技術で、安定して登る受講生さん

傾斜が緩く、手掛かりもしっかりしている滝は、ロープを付けないで登ります。その後核心部に入りますが、そこからは私がロープで確保しながら登って頂きました。(なので後半は写真がありませんm(__)m)

 

背の立たない滝つぼを泳いで突破し、滝を登る

しばらく登っていくと、大所帯のグループの方々にお会いしました。稜朋会の皆さんで、16人で来られたそうです。賑やかで楽しそうに登られていました。山岳会が賑わっているのは、とても嬉しい事です。集まる所には集まっているのですね! これだけ多くの方がバリエーションルートを志していることは、とても喜ばしい事です。

私たちは稜朋会のみなさんより少し下流で、この日の遡行を終え、踏み跡を辿って林道を下山しました。気合の入った受講生の皆さんには少し物足りないかな、鍛えたりないかな、とも思いましたが、再び雨だったので、この日は大人しく温泉に向かう事にしました。

沢登りをしていて、トポ(ガイドブック)と地形図を見ながら、迷わず安全に登りきることができるようになれば、一定レベルに達していると言っていいですが、さらに踏み込んでトポを見ないで地形図と現場判断で、滝を直登するのか、高巻くのか、そして高巻いたなら、どこから沢に戻るのかを判断できるようになれば、なかなかのレベルに達している証だと思います。そこにたどり着くには、登攀登攀の日々を重ねなければなりません。決して怪我をせずに練習をしながら。

次回のアカデミー沢合宿は、奥秩父の原始林に流れる美しい沢、大常木谷です。たくさん深淵を味わって頂きます!!