6月10日(土)は、谷川岳へ行く予定でしたが、天気が残念な状態だったので、天気のよさそうな子持山獅子岩へ転進しました。
子持山の登山道は、現在3号橋で通行止めになっています。そこから7号橋の登山道までの間は、道路がズタズタに寸断されており、復旧には相当の時間がかかるでしょう。登山口までの歩行時間はおよそ20分です。

獅子岩には現在2本のマルチピッチルートが引かれています。私たちは左の従来ルートを登り始めました。本日はMさんとIさんのマルチピッチリードデビュー戦です。壁をみてどちらも緊張されていましたが、登る手足は落ち着いてみえます。

2ピッチ目をリード中

最初はMさんがリード。山田とIさんがフォローします。

1ピッチ目のフォロー

2ピッチ登ったところで、前のグループが進むのを待ちます。かなりの時間、ハンギングしていましたが、なかなか進まないので、一度ラッペルして、同じピッチをリード交代して登り直すことにしました。

また登りはじめ、ビレイポイントにてレクチャーをしているうちに、雨が降り出しました。しばらく様子をみていましたが、なかなか止まず本降りになりそうなので、今回はここで終えることにしました。

いよいよ6月11日(日)は谷川岳です!

一ノ倉沢の朝は荘厳でした。

3時起き4時出発で一番乗りかなと思いきや、すでに中央稜も南稜も行列ができていました。一体みなさま何時に起きているのでしょう⁈
南稜テラスで待っている時に、別のグループの方々を観察していました。正直申し上げて「危ない」クライマーが結構見受けられました。リードもフォローもジムのトップロープのように、8の字結びをカラビナでハーネスに連結しているグループや、全く使わないであろうギアの類をたくさんぶら下げているグループ。そして、1ピッチ目のチムニーが登れずにグループに取り残されてしまった方。コールが届かずキレ気味のグループ。ハーネスがねじれたまま履いていてる方。

山岳会の皆さんなのでしょうか。それは分かりません。これらの方々を見ていると、連れられて来る人は、リーダーがしっかりした技術と知識を持っているのか分からないまま付いて来てしまっていて、尊いご自身の命をリスクに晒していることさえも気づいていないのだな、と怖くなります。

どうかクライマーの皆さん、正しい基礎技術と新しい技術に対して、常にご自身でアンテナを張り巡らせてクライミングを続けて欲しいと思います。引力に逆らって楽しむのが、クライミングというスポーツですから、危険はそこいら中に潜んでいます。一度無事に帰ってこられたからと言って、ご自身の技術・知識が間違っていないとは限りません。昨日無事に帰ってこられた方の半数は、運が良かっただけだと思います。運は最後に残しておかなければなりません。勉強と技術の研鑽が不可欠なスポーツを、私たちは楽しんでいるのです。

南稜は数珠繋ぎ…

中央カンテや凹状、中央稜も人でいっぱい。頻繁に落石が発生しています。

かなり順番待ちをした後、ようやく私たちが登れる時間になりました。本日は講師の山田が全ピッチリードすることになっています。今日のクライミングでは、ファイブテンのアプローチシューズ、キャンプ4の威力を試すことにしました。
フリクションは素晴らしいです。ただ、私の足型は甲が少し低いので、若干靴の中で足が遊んでしまいます。もう半サイズ小さくしてもよかったかもしれません。この次はアディダスのアプローチシューズを試してみようと考えています。

さて、たった3ピッチ登って、馬の背が見えたところですが、南稜上部はクライマーが富士山のように繋がっており(ちょっと言い過ぎ笑)、これは下降も考えるとカオスだなと、判断しました。断腸の思いで下降を決めました。受講生のお二人には、本当に完登してほしかったので、残念でなりません。次は海の日連休の剱岳で、アルパインクライミングを満喫しましょう。

帰りは途中までテールリッジを下り、下部は衝立スラブを下りました。日本アルパインガイド協会では毎年テールリッジ近辺のアプローチルート整備を行っていますが、衝立スラブのボルトは雪崩で根こそぎ持っていかれたようです。最後の60mのみ、ハーケンで支点を作って、懸垂下降にて雪渓に降り立ちました。

 

一ノ倉出合~テールリッジ末端までは、雪渓がまだ十分にあり、登りはアイゼンなしでも安心して登ることができました。わずか20分強でテールリッジに着きました。ただし下りは、軽アイゼンがあった方が無難に下れます。中央稜完登から北稜~衝立前沢へと降りる場合は、やはり軽アイゼンはあった方が無難です。
コップスラブにはまだ雪が残っていたので、ブロック雪崩にも注意が必要です。7月の谷川岳B班の時は、さらに早起きすることを誓うのでした!