アルピニスト養成アカデミー・アイゼントレ in 越沢バットレス

2018年11月28日(水)
越沢バットレスにてアイゼントレーニングを行いました。
今日の参加者は、アイゼンでの岩登りが人生初のMJさん。
右ルートの1ピッチ目から、天狗の肩とは反対方向にある、懸垂下降支点に向けてルート取りをし、そこにトップロープをセットして練習をしました。

アイゼンを履かずにブーツのみでチャレンジ

まずは東屋にて装備チェック。ブーツの紐の締め具合は、通常の山歩きよりかなりきつめにすることが大切です。紐を締めたつもりでも、岩壁につま先立ちになると、かかとが浮いてしまうことがあります。それを防ぐためには、足首から下の紐をかなりタイトに締めておく必要があります。

まずはアイゼンなしで、ブーツのみで登ってみます。これはこれでソールが結構滑るので、慣れないと怖いものです。ふだんクライミングシューズでスイスイ行けるはずの所も、一歩一歩がかなり慎重!

2本目からはアイゼンをつけてクライミング

2本目はいよいよアイゼンを装着してのクライミングです。
アイゼンがクライミング中に外れると、とても怖い思いをします。なので踵のバインディングを固めに設定します。目安としては、両手で「バチン!!」という音とともに締まるぐらいです。

アイゼンでのクライミングのポイントは、、、
・かかとを上げ過ぎず、出来るだけ足裏を水平に保つ
・怖さで膝が岩壁にむかって曲がりやすいが、これを我慢して前爪でしっかりと立つ
・前爪2本のアイゼンの場合、親指側の爪を積極的に利用する。そしてもう一方の前爪が岩に触れると、安定していた親指側の爪が岩から外れてしまいます。なので足を岩に置いたら、足はできるだけ動かさないようにする
・おだんごぐらいの岩のコブ状のところは前の爪4本を利用し、コブを包み込むように足を置く

 

MJさん、ヒャー!と言いながらもノーテンションで完登!!素晴らしいです。

お昼ごはんを済ませてから、第3登目。岩壁に日が差してきて、一枚脱ぎたくなる暑さになりました。でもビレイ場所は井戸の底(笑)。

かなり慣れてきて、極小スタンスにも立てるようになってきた

ラスト4本目はできるだけ難しい場所を選んでチャレンジです。だいぶ体が疲れてきたようで、1テンション。でも上まで登り切りました。

最後は東屋にてレスキュー用のロープ担架を作成する練習をして、本日の研修を修了!!

レスキュー用ロープ担架(半身用)

とてもとてもMJさん頑張りました!恐らく筋肉痛必至です。次回の予定は12月12日です。再び越沢バットレスにて、今度はマルチピッチに出陣です。

 

※越沢バットレスへ行く車道は現在工事中です。工事現場の途中に車を止めると、工事用車両が往来できなくなってしまいます。鳩ノ巣駅駐車場に車を止めるなりして、ありがたい40分のアプローチトレーニングを楽しみましょう!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*