アルピニスト養成アカデミー 沢登り 大常木谷

8月13日~14日で、奥秩父、深山幽谷の美渓、大常木谷へ行ってきました。
この沢は泳ぎがあるので、真夏の暑い日がベストです。しかしあいにくの小雨模様のなか入渓。

受講生は今回2名です。一名は沢登り3回目、もう一名は沢登り2回目です。一度奥秩父のビッグな沢を味わって頂きたく、頑張って登ってもらいました。

一之瀬川は増水気味。大常木出合まではゆるりと歩いておよそ20~30分です。

大常木に入った途端に、水の澄んでいるのがわかります。なんて美しい沢なんでしょう。

高巻き、直登を度々繰り返し、この日は1,010mあたりの川原でビバーク。

タープで雨を凌ぎ、火を一晩中絶やさず焚いていました。

2日目は6時半発で、この寒い早朝からいきなり山女魚淵の泳ぎ!!恐ろしい寒さです。心臓マヒをおこしそうな冷たさでした。最初に山田がロープを引きずって泳いでいきますが、激流に門前払いを食らって、押し返されてしまいました(笑)

気合を入れ直し、テイク2。今度は水流をよく読んで、何とか淵を泳ぎ切る。しかし潜っていたところから滝への所で、水で重くなったザックが持ち上がりません。気合い!!担ごうとすると足が滑りそうになる。足重視で行くと、ザックが流されそうになる。こんなせめぎあいを続けたのち、なんとか滝を越えました。

山女魚淵の激流に逆らう

後続の受講生さん用に、ロープを固定します。そして一人ずつチャレンジ。なかなか皆さんお上手です!しかし水は冷たい。山女魚淵から早川淵までのゴルジュ帯を越えたころには、全員寒さで震えていました。

それから少しずつ緩やかになる渓相をみながら、高度を上げていきました。

ようやく着いた会所小屋跡。ほっと一息です。本日はここまでで切り上げて、踏み跡を辿って、まあ長いような短いような下降の後、駐車スペースまで戻りました。一之瀬川へピンポイントで出る路を取って歩きましたが、結構ワイルドで脆いので、あまりお勧めできません。

魚影を探しながら歩きましたが、イワナらしき影は全然見当たりませんでした。O森氏持参の釣り具は今回は出番がありませんでした。

次回は谷川連峰のナルミズ沢合宿です。エメラルドグリーンの美渓に酔いしれましょう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*