アルピニスト養成アカデミー沢登り第4回ナルミズ沢遡下降

アルピニスト養成アカデミーの沢登り強化合宿、第4回目は、谷川連峰のナルミズ沢にて行われました。


宝川温泉付近の駐車場から歩き出す

ウツボギ沢出合までは林道・登山道の歩きです。歩き出して間もなく雨が降り出しました。そして本降り。。。
合羽を着て、泣きそうになりながら、重荷を担いでただただ進みます。

宝川沿いの登山道はトラロープを持ちながら登り下りする箇所が何か所かあります。雨で濡れていると、ちょっと心配な所です。


宝川渡渉地点

3時間半歩いた末、ようやくウツボギ沢出合に到着しました。ウツボギ沢出合には、ひろーいビバーク場所があります。ここのビバーク地は快適ですが、ポールでなくロープを張ってタープを設営するには、なかなかいい木がありません。今回はここでは泊らず、さらに先へ駒を進めます。この頃には太陽が顔を出してくれました!

エメラルドグリーンの釜、トイ状、どれをとっても申し分のない景色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな渓相が続きます。寒かったので、泳ぎは最小限にして、へつり・高巻きでクリアしていきました。


魚留の滝

魚留の滝の上にも、ちゃんと岩魚が泳いでいました。

いよいよ1,400m二俣。これを右俣の本流に進路を取って間もなく、右岸に平坦地を見つけました。今夜の露営地に決まりです。増水には堪えられない高さですが、天気予報などチェックして、大丈夫なので、ここで一夜を明かすことに。

雨は降らないとみたので、タープは張らず、そのまま焚火の横でご就寝。しかし薪の少なさには苦労しました。悔しいけれど、予備に持って行ったジェットボイルで白米を炊きました。晩御飯はキーマカレーと、受講生のOさんが頑張って担ぎ上げてくれたビール!!

1,420m右岸にあるビバーク地

夜は満天の星空でした。放射冷却で、結構寒かったです。ポリゴンネスト4×3だけでは、ガクブルでした。

飽きの来ない渓相にご満悦!!

翌朝はなんと、ガスが立ち込めていました。山の上も見えません。またガスガス攻撃ですか~~~

我々は遡行後のやぶ漕ぎ縦走を避ける為、このビバーク地に荷物をデポして、大烏帽子山を往復し、同沢を下降する計画です。


源流部で水を調達する

いよいよナルミズの水が枯れる頃、右手に分かれる踏み跡に導かれ、1,710mのジャンクションピーク&大烏帽子山のコルに到着。視界はほとんど得られませんでした。コンパスと地図で道を読みながら、廃道と化した大烏帽子山への200mを進みます。

そして十数分。ようやく大烏帽子山頂上に到着!!

大烏帽子山頂上にて

大烏帽子山頂上には、小さな頂上標識が置かれていました。これを持って記念撮影、パシャリ。

東京起点120沢の本では、『地獄の下降が待っている』と書かれているから、大烏帽子山に寄る登山者はいないのでしょうね。ジャンクションピーク方面には踏み跡が付いていましたが、大烏帽子山方面は藪でした。

さて、同ルート下降の始まりです。所々ロープでビレイしながら、ビバーク地点まで降りてきました。


昨夜のビバーク地点

ここからナメ滝を慎重に下り、時にクライムダウンを交えながら、ナルミズ沢を下降していきます。


ダウンクライムのトラバース 落ちたら冷水で心臓マヒ?!

こうやって降りている間に、すっかり空は晴れ上がり、暑さが戻ってきました。山頂からの風景も見たかったなあ。

大石沢出合からは登山道に上がりました。グチャグチャ、田んぼのような登山道。沢靴のまま行きました。宝川渡渉地点まで行って、ようやく靴に履き替えました。

あとは速足にて車を目指します。帰りは早いな~~!!

ということで、2017年夏季コースの沢登り4連発合宿は修了しました。来年もみんなで美しい沢を登りましょう!!

私は9月から10月までヒマラヤに行く予定です。その間はアカデミーはお休みさせて頂いております。帰国後は小川山や瑞牆にてショートルート・マルチピッチの研修予定です。

そして、いよいよお待ちかね、冬期コースが12月より始まります。雪上訓練・ビバーク訓練・埋没者救助訓練などを交えながら、美しい雪山をみんなで登る予定です!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*